FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アクトス問題、欧州の最終判断は7月に

 欧州医薬品庁(EMA)の医薬品委員会(CHMP)は6月23日、仏医薬品規制当局が行った疫学調査で膀胱がんリスクが指摘され、仏独で新規患者への投与禁止が発表されたピオグリタゾン製剤(武田薬品工業のアクトスなど)について、最終的な判断を7月に示すと発表した。CHMPは20日から開催中の月次会議で、仏の疫学調査を検証し、欧州全体としての同製剤の今後の使用について協議してきたが、さらなる検討が必要と判断した。

 CHMPは仏の疫学調査について、方法論的限界が幾つかあり、利用可能なデータ全体からの検証が必要と指摘。糖尿病、内分泌学の諮問機関(SAG)に対し、7月上旬の会議で、膀胱がんリスクに関するデータの検証と、臨床現場におけるリスク軽減策の協議をするよう求めるとしており、この協議を踏まえ、最終的な判断を行うとしている。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シンヤク

Author:シンヤク
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。